TOP > 

2006年03月26日

管理人、自己紹介

ハンドルネームcomeria 自己紹介詳細


本名:sanae hosoda(サナエ ホソダ)


年齢:38歳


出身:静岡県


住所:静岡県


趣味:読書、インターネット、洋画鑑賞


職業:アフィリエイター 兼 アフィリエイトスクール講師 兼 主婦(笑)


勤務先:ウィウイン 代表




略歴:


1967年 誕生

1985年 静岡県立二俣高等学校 卒業


地元に就職。主な職業は事務職。


もともとは、事務職で仕事をしていなかったが、

事務での仕事をしたくて、転職を何度も繰り返す。


結果、事務職での職歴は20年近くになる。


事務職での仕事に自信が付き、派遣で、事務職を専門に務める。


1997年3月 29歳(30歳前に滑り込みで)結婚


1998年4月 第一子誕生


2000年5月 第二子誕生


2000年10月 家を新築、引っ越す(35年ローンの始まり。固定資産税などの額に愕然とする)


2003年2月 第三子誕生


2003年3月 プロバイダのプロモーションで中古のパソコンを加入と同時に譲り受ける。


2004年3月 楽天でのはじめてのブログに出会う。書籍に紹介される。


2005年4月 アフィリエイトスクール受講開始


2005年9月 暫定的に講師になる、また成功事例に紹介される。


2006年2月 正式に講師就任


2006年3月 さまざまなブログに挑戦を始める




私は、どこにでもいる平凡な主婦です。


それは、講師を勤めさせていただくまでになった今でも変わりません。

(家事をする時間は大幅に減り、手抜き家事になってしまっていますが・・笑)


ただ、人生の中で、大きな自信につながったことがあるとしたら、

あきらめなかったことだと思います。


最初の就職は、事務職とは似ても似つかない、福祉法人での調理員の仕事でした。


20歳以上も場合によっては40歳以上はなれた、百戦錬磨のおばちゃん集団の中で、

仕事を続けていくことは、私にとっては苦痛以外の何者でもありませんでした。


なのに、なぜそこに就職したのか?


それは、事務職の枠が、無かったからなんです。


学校も普通科で、事務職というほどの知識は見につけてもいませんでしたが、

とにかく、事務職がしたい気持ちの一心で、約6ヶ月ごとにあう職場を探して

転職、の毎日でした。


父も母も田舎の人間でしたので、

何度も転職を繰り返す私を、いさめましたし、

どんな仕事でも、仕事は仕事だからとも言われました。


それでも、事務職の仕事につきたくて、

転職を続けました。


思えば、小学生のころに、父の職場に遊びに行って

事務員のお姉さんを見かけたときに、あこがれたのがはじまりだったのだな?と今では思います。




あきらめの悪い性格は、きっとこのころに培われたのでしょう(笑)


それから、就職して、さまざまなビジネスのことを友人から聞き、

実際に自分でも試しました。


当時は、ほとんどネットワークビジネスと呼ばれる仕事ばかりでした。


収入や豊かな生活にあこがれても、

私には、その仕事はどうも合いませんでした。


無理やり人に勧めることはできない。




そうしていくうちに、結婚して、インターネットを始めました。


インターネットは、私の性分にあっていたのでしょう。


1日の大半を費やすほどに熱中しました。


そうしていくうちに、

インターネットのビジネスで、成功している人たちを知りました。


そうして、

「自分も何とかインターネットで収入を得られるようになりたい」と、

思うようになりました。


そんなときに、あるアフィリエイトスクールの講座をしり、

受講することにしたのです。


二度目のきっかけは、ここだったと思います。


ブログを何度も作り直し、

収入の大半をキャンセルされて、泣く日もありました。


それでも、不器用なりに、続けてこられたのは、

素晴らしいメンターに出会ったからでした。


この人についていきたい。


この人のいうことならば成功できる。


そう信じて続けてきました。


そして、ありがたいことに講師のお話を頂き、

メンターのおかげで、数々の素晴らしいインフォプレナーの方たちとも

お会いする機会もいただけるようになりました。


常に、現在進行形で挑戦し続ける自分でありたいと


思います。


 


 


 


 


 


2006年03月17日

「逆聴」っておもしろい!

ずっと興味があって、やらなかったことのひとつに
「速聴・速読」があります。

私の、周りのスーパーなアフィリエイターな方たちは、
身につけていらっしゃる方も多くて

続きを読む